さあ、種の話をしよう

「種子法廃止と今後の種苗法運用見通し」について

食や農に関心のある一般消費者のみなさん
普段何気なく食べている農産物の種子や苗に
今危機が迫っていることを
あなたはご存知ですか?

[講師紹介]
弁護士・元農林水産大臣
山田 正彦氏
1942年生まれ。長崎県五島で牧場経営や肉屋経営などの経験を経て、弁護士として開業。サラ金問題に取り組む。
1993年衆議院議員初当選、五期勤める。管内閣において農林水産大臣を務め、農業者戸別所得補償を実現する。
2015年1月「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」設立・弁護団共同代表
2017年7月「日本の種子(たね)を守る会」設立・顧問。
著書は『「農政」大転換』『TPP秘密交渉の正体』『アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!』『タネはどうなる?!』等名数

[日時]
平成31年3月16日(土曜日)
総会13:30~(受付13:00~)

  • 平成30年度 事業報告、会計報告
  • 平成31年度 事業計画案、予算案
  • 九州山口有機農業の祭典の報告 など

勉強会 15:00~17:00

  • 会員以外の方も勉強会のみご参加いただけます。
  • 福岡県有機農業研究会の総会終了後となりますので
  • 多少時間の前後がございます。あらかじめご了承ください。

[会場]
ピーポート甘木 第五学習室 (福岡県朝倉市甘木198-1)

入場無料 お申し込み不要

[主催]
福岡県有機農業研究会

[問い合わせ]
福岡県有機農業研究会事務局(担当ツルヒサ)
電話 090-3316-8201
メール jimu@fukuyuken.net

コメントを残す

コメントを残す